我が家のおひな様

我が家のおひな様も今年も飾れました。
7段飾りですが狭い家ですので既成の棚は使わず床の間に入るように
新たに棚を作り今まで使用してきましたが現在は床の間に収まるように
飾っています。

後ろの掛け軸は信州の県愛詩 『信濃の国』の歌詞です。
20170303_setubunsou_211_R.jpg

20170303_setubunsou_227_R.jpg

20170303_setubunsou_233_R.jpg

20170303_setubunsou_202_R.jpg

今日も訪問していただきありがとうございます。     <(_ _)>
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

このお顔、お内裏様もいいですね。

私は子供の頃、
お雛様の顔がどれも単調に見えて気に入らず、好きになれませんでした。
それで母が、兄の兜を飾っていました。
それはそれで、違うぞ、と厭だった記憶があります。
今思えば
家が逼塞した事もあったのでしょう。

こんなお顔は好きですね、
今になればいいと思いますが、今更もう遅く、、、

本当は
今からでも、一対だけでいいから
買いたい気分でおりますのよ。

 

安曇野さん、こんばんは

人形の表情には、吸い込まれる様な雰囲気を感じます。
子供たち、孫などが同居していると、楽しみも多いですね。
年に一二度来てくれるだけでもうれしいものです。

 

otuuさん、こんばんは。

娘が生まれた時に妻の親から頂いたもので
もう30予念になります。

娘は今は嫁いで家にはいませんが
妻が飾っています。

お内裏様に似ているも後もいます。

コメントありがとうございます。

 

岳さん、こんばんは。

二人の娘夫婦は皆近くにいますので

孫4人は週一位に朝日に来ます。

腕白3人兄弟が来ると戦争です。

これが毎日ですと大変ですが給うにですのでまあまあ
楽しみです。

コメントありがとうございます。

トラックバック

http://azumino529.blog28.fc2.com/tb.php/1302-83242a96