自然のままの池

青梅市大悲山塩船観音寺の山門を横目で見、脇道を霞丘陵自然公園に向かい少し行くと
小さい池がありこの池は殆んど手入れはされておらず自然のまま、時々子供たちが糸の先に
餌を付けザリガニ釣りをして楽しんでいる光景を良く見かけますが、あいぬく今日は誰もおらず
池には黄色い恋が仲良く泳いでいました。

20170129_kyukyuiohune_18_R.jpg

20170129_kyukyuiohune_19_R.jpg

20170129_kyukyuiohune_20_R.jpg

20170129_kyukyuiohune_21_R.jpg

20170129_kyukyuiohune_34_R.jpg

20170129_kyukyuiohune_35_R.jpg

20170129_kyukyuiohune_37_R.jpg

何時も訪問していただきありがとうございます。   <(_ _)>
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

安曇野さん、こんにちは

錦鯉がいるということは、個人の所有する土地でしょうか?
田舎では昔子供が池に落ちた、などと言うことが良くありましたね。
この様な散策もいいですね!

 

岳さん、こんばんは。

霞丘陵自然公園内には、毎日ではないですが
公園を管理整備されている方がいます。

またこの池に遊び来ているのを見かけるときは
必ず音が付いていますのでひとまず安心です。

所有者は市、個人???

市が指定している公園ですので市の管理と思います。

コメントありがとうございます。

トラックバック

http://azumino529.blog28.fc2.com/tb.php/1266-16ea8ede