天目指庵 (あまめざすあん) その1

奥多摩に駅から徒歩で30分の所に天目指庵 (あまめざすあん)と門柱に看板が
掲げられた民家があり、先代没時が元禄9年、300年以上経過している歴史ある家です。
300年も経過すると家の傷み進み元大工のご主人が昔の作りを残しリホームしています。

畑等の仕事時は常駐宿泊も出来普段は駅の近くに住んでいます。
今日はHさん夫婦と伺い昼食をご馳走になりました。

懐かしい囲炉裏には竹で作った火をおこす吹き棒もあり
20161103_鳩ノ巣_01

造りは昔のまま、全てご主人が修繕しているとのことでした。
20161103_鳩ノ巣_05

20161103_鳩ノ巣_06

昔は襖戸でないため板に絵が描かれ、部屋を明るくするためと思います。
20161103_鳩ノ巣_08

20161103_鳩ノ巣_09

20161103_鳩ノ巣_10

20161103_鳩ノ巣_17

何時も訪問していただきありがとうございます。 <(_ _)>
続きます。


スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

安曇野さん、こんばんは

懐かしい風景ですね!
秋刀魚をくわえて逃げる猫、火をつけると竈から飛び出してくる猫。
今は中々見る事が出来ない、様々な想い出が甦る写真です。
何も無かったけど、良き時代でした。


 

岳さん、こんばんは。

田舎もこんな古い民家で家の中はすすで真っ黒でしたし
家の中にもろがあったり昔の人の生活の知恵ですね。

かやぶき屋根の家は吹き替えにお金が凄くかかり
現在は今風の家に変わっています。

囲炉裏があったり・・・懐かしいです。

コメントありがとうございます。

トラックバック

http://azumino529.blog28.fc2.com/tb.php/1186-524b0c94